ホーム » airbnb » そもそもairbnbなどの民泊って何?民宿とどう違うの?

そもそもairbnbなどの民泊って何?民宿とどう違うの?

今、話題となっているairbnbや民泊ですがその意味や民宿との違いを正しく理解している人はまだ少ないようです。そこでここではairbnbや民泊 民宿の違いやそのメリットデメリットについて説明したいと思います。まず最初に、airbnbや民泊 民宿は読み方が似ているだけで本質的には別物であると認識しておきましょう。これまで一般に使われてきた民宿という言葉は、いわば和風の建物を使ったアットホームな雰囲気の旅館を指すものでした。使われている建物の雰囲気や家族経営かどうかといったイメージが先行していた言葉で、その実体は営利目的の宿泊専門施設という点で旅館やホテルと変わらないものです。

内装の雰囲気

しかしairbnbや民泊という言葉の意味するものはまったく違います。airbnbや民泊とは、簡単に言えばホームステイをビジネス化したものです。

アットホームな旅館ではなく、本当に一般人が生活している民間の家にお金を払って泊まること、あるいは民間の居住スペースを旅行者の宿泊所として使うことをairbnbや民泊と言います。これまでは法律や安全上の問題もあり民間の家が有料で他人を宿泊させることには高いハードルがありましたが、airbnbや民泊専門ネットサービスの隆盛などを受けて今では世界中で新たな宿泊スタイルとして受け入れられてきています。今後は日本でもairbnbや民泊 民宿を混合することなく、より便利な宿泊場所を探す必要があるでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 + 一 =